帰化が不許可になった場合

帰化の申請をした結果、残念ながら不許可処分となってしまった場合はどうなるのでしょうか。

まず、帰化申請は、一度不許可となったとしても、何度でも申請は可能です。

ですが、正確に期間が決まっているわけではありませんが、一度不許可になった場合、不許可後、数年間は、再申請を行っても不許可となる可能性は高いと思われます。

法務大臣としても、不許可にするには、何らかの理由があるわけですから、その状況が改善されたり、ある程度時間が経過してからでないと、再申請は無駄骨に終わるかもしれません。

また、不許可になった理由というものは、各法務局では判断がつかないことも多くあります。

不許可の裁定は法務大臣が行うため、実際の不許可理由については、管轄の法務局でもわからないのですが、法務局も多くの帰化案件を扱っているので、おおよその推察は教えてもらえるかもしれません。

もちろん、法務局へ虚偽の申請や事実を伝えていない場合などは別ですが、不許可になった場合には、理由については管轄の法務局へ質問されてもいいかもしれません。

帰化申請のトピックス:関連メニュー

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る