法務局での面談のポイント

全ての質問にはある程度マニュアルがあるのかもしれませんが、法務局での面接で、重点的にチェックされる2つのポイントは以下の通りです。

申請書に記載している内容の確認

帰化を申請する際に提出した申請書の内容について、担当官から質問を受けることになります。

人それぞれの事情によって、聞かれる内容も異なっていますが、外人登録・運転免許・通帳などを提出のうえ、提出した帰化申請書類をもとに、面接官の質問が始まります。

今までの交通違反の詳しい状況や、暴力団・右翼に申請者本人はもちろん、家族・親族は関係していないかどうかなども質問されます。

また、場合によっては、勤務している会社の上司への電話連絡や自宅訪問なども実施される場合があります。

日本語能力の確認

法務局での面接では、帰化を申請される方の日本語の能力もチェックしています。

これは帰化をして、今後日本人として日本で生活していくために、不可欠な日本語(読み書きや、日本語の会話)の能力を確認するためです。

なお行政書士などの専門家に依頼をした場合でも、面接は帰化申請者のみで受ける必要がります。

帰化申請のトピックス:関連メニュー

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る