帰化申請でよくある失敗談

帰化申請でよくある失敗例は以下のようなパターンです。

1.法務局へ相談に行き、必要な書類などの説明を受けて帰化申請の準備に入る。

帰化申請矢印

2.仕事を休んだり、なんとか平日の昼間に時間を作り、様々な役所に行き、必要な書類を収集する。

帰化申請矢印

3.その後も法務局へ行って、書類の不備や追加書類を指示される。収集に時間がかかり、最初に取得した書類で有効期間が過ぎたもの等は、再度取得しなおす。

帰化申請矢印

4.時間があまりにもかかりすぎた結果、あきらめてしまう。

上記のように、帰化申請を行うには、準備段階でかなりの時間と労力が必要となりますので、多くの方が大変な苦労をしておられます。

ご自分で帰化申請をしようとお考えの方は、このあたりに十分に注意をして、計画的に行ってください。

また、申請後によくある失敗例として、申請者の状況の変化を法務局に伝えていない場合です。

交通違反や借金をするような場合、または結婚・離婚や引越しなど、様々な状況の変化は、逐一、申請先の法務局へ連絡する必要があります。

状況に変化が起こったのに、連絡せずにいると審査に影響することもありますので、注意が必要です。

帰化申請のトピックス:関連メニュー

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る