思想・日本語要件

思想要件とは?

帰化の第6の条件は、日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党 その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないことです。

要約すると、日本にとって危険である人は帰化できませんということになります。

まずそのような方はおられないと思いますが、現在、テロ組織や過激派に属していたり、過去に属していた人の帰化は認められません。

日本語要件とは?

法律で決められた要件ではありませんが、日本語の読み書きができることも必要です。

一応の基準として、小学校3年生程度の読み書きが出来る程度となっています。

これは、帰化すると選挙権が与えられるなど、日本人と同じ権利(義務)が得られますので、日本人と同様のことがある程度できるためには、日本語能力も当然必要となってくるために審査されることとなります。

以上が帰化の要件となりますが、

  1. 「自分が帰化の要件を満たしているのかわからない方」
  2. 「要件は満たしていそうだけれど、申請方法がわからない方」

というような方は、丁寧に相談にお答えしますので、お気軽にご相談ください。

帰化の条件:関連メニュー

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る