生計要件

生計条件とは?

帰化申請の第4の要件は、自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができることです。

帰化申請者本人や申請者と同一世帯におられる方をあわせて生計を営める状態である必要があります。

例えば、帰化申請者本人が無職であるような場合でも、同居人に収入があり、生計を営めると判断されれば、帰化申請は可能です。

ですが、お一人で生活しておられて、無職であるような場合、よほどの資産があるような場合でないと帰化申請を行うことは難しいでしょう。

また、生計を営むということは、国の補助などなしに生活できる状態ということになりますので、生活保護の受給をうけているような場合も、帰化申請は難しいものとなります。

帰化の条件:関連メニュー

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る