素行要件

素行条件とは?

帰化の第3の条件は、素行が善良であることです。

この要件は、通常の日本人と比較して、素行が悪くない程度の生活を送っていれば、問題ありません。

ですが、犯罪歴や納税義務、交通違反の履歴なども審査の対象となりますので、注意が必要です。

交通違反について

交通違反については、酒気帯び運転や重度のスピード違反などの重大な違反を過去5年以内に犯している場合などは、帰化申請は難しいでしょう。

また、駐車違反などの軽度の違反であっても、繰り返し取り締まられているような場合は、やはり帰化申請にあたっては、問題となります。

犯罪歴について

犯罪歴については、ご家族に犯罪を犯した方がおられるような場合などもあると思いますが、帰化申請者本人が、直接その犯罪に関わっている様な場合でなければ、帰化申請は個人ごとの申請であるため、原則として別問題となります。

また、ご自身の犯罪歴についても、10年以上の経過があるような場合は、帰化申請を行うことができる場合もあります。

そのような場合は、申請の前に、正直に報告することが重要です。

帰化の条件:関連メニュー

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る