居住要件

居住要件とは?

帰化申請の第一の条件として、「引き続き5年以上日本に住所を有すること」があります。

帰化をするためには、申請する現在までに5年以上続けて日本に住んでいる必要がありますが、途中で中断がある場合には、年数がいったんリセットされてしまいます。

例えば、中国の方が日本で4年間生活し、いったん帰国して中国で1年間暮らし、あらためて日本に来日し、2年間暮らしているような状況の場合、日本での居住年数は2年間となり、4年間居住していた年数はリセットされてしまいます。

中断については、1ヶ月程度の母国への帰国などは中断にはあたりませんが、半年以上、日本を離れるような場合は、居住の中断とみなされることもありますので、注意が必要です。

居住要件が緩和されるケース

以下の場合は、帰化申請を行うために、引き続き5年以上日本に住所がある必要はありません。

  1. 日本国民であった者の子(養子を除く)で、3年以上続けて日本に住所または居所がある人
  2. 日本で生まれた人で、3年以上続けて日本に住所か居所があり、父母(養父母を除く)が日本生まれの人(で現在日本に住所がある者)
  3. 10年以上続けて日本に居所がある人
  4. 日本人の配偶者で、3年以上日本に住所または居所を有し、現在も日本に住所を有している人
  5. 日本人の配偶者で、婚姻の日から3年を経過し、ここ1年以上日本に住所を有している人
  6. 日本人の子で、日本に住所がある人
  7. 日本人の養子で、1年以上続けて日本に住所を有し、縁組の時に本国で未成年だった人
  8. 元日本人で、日本に住所がある人(日本に帰化した後に日本国籍を失った人を除く)
  9. 日本生まれで出生の時から無国籍で、その時から今まで3年以上続けて日本に住所がある人

就学ビザ・留学ビザについて

就学ビザ・留学ビザについては、日本で勉強の後に、母国に帰国することが予定されたビザであるため、帰化申請においては、これらのビザのみでの居住については帰化要件の居住年数に含まれません。

そのため、留学生の方で帰化を希望される方は、卒業後、人文国際などの就労ビザを取得し、日本に居住していることが必要になり、就労ビザに変更後、3年以上になった時点で、初めて帰化申請を行うことができます。

例えば、

  1. 留学ビザ2年 人文国際ビザ3年 ⇒ 居住要件を満たす。
  2. 留学ビザ3年 人文国際ビザ2年 ⇒ 居住要件を満たさない。

以上の2例とも日本に来て5年を経過していますが、①は、就労ビザに変更後、3年を経過しているので、居住要件を満たしますが、②については、変更後2年しか経過していないため、帰化を行うためには、もう1年必要となります。

また、帰化申請時には、就労ビザの更新期間は最長の3年のものが必要です。

帰化の条件:関連メニュー

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る