帰化許可後の手続き

帰化が許可されると、その旨が官報に掲示され、法務局より帰化申請者に対して帰化が許可された旨の通知がされます。

ですが、これが帰化に関する手続きの終了ではなく、この後、帰化許可後の手続きが必要となります。

この手続きは、日本の戸籍を作成する手続きとなりますので、期限内に手続きを完了させましょう。

帰化届出の流れ

帰化の許可が官報に掲載されます。日本国籍を取得したことになります。

矢印1

法務局より身分証明書が交付されます。

矢印1

帰化が許可されてから14日以内に市町村長宛に外国人登録証明返還手続を行います。

矢印1

帰化の告示がなされた(帰化が許可された)日から1ヶ月以内に、市町村役場で帰化の届出を行います。その際、身分証明書を添付します。⇒市町村長が帰化者の戸籍を作成

矢印1

帰化届出の終了

その他の手続き

その他にも銀行口座や不動産や自動車、各種免許証、許可証など名義変更が必要な場合には、それぞれの変更手続き行う必要があります。

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る