帰化申請の必要書類

帰化許可申請に必要となる主な書類は,次のとおりですが、その他にも多くの書類が必要となる場合があります。

申請にあたっては、ほとんどの都道府県で正本と副本の2通を作成し提出する必要があります。

帰化許可申請書

帰化申請者の国籍や住所、通名などの基本的な事項を記載します。

提出の際は、正副ともに、申請者の証明写真を貼り付ける必要があります。

親族の概要書

申請者を除いて、両親、兄弟姉妹、配偶者、子、配偶者の両親などの親族関係を記載する必要があります。

作成の際には、住所地によって日本国内と国外に分けて作成します。

履歴書

帰化申請者の身分関係・住所関係・職歴等を、出生の時から空白期間のないように詳しく書く必要があります。

帰化の動機書

特別永住者資格の方や年齢が15歳未満の方の場合は必要ありませんが、それ以外の帰化申請者の場合には必要となります。

この動機書は、申請者本人が自筆で記載しなければならず、ワープロなどは不可となっています。

国籍を証する書面

帰化申請者の本国(又は在日大使館)の発行する国籍証明書を取得します。

身分関係を証する書面

帰化申請者の出生、婚姻、親族関係の証明する本国の書面を提出します。

もちろん、帰化申請者の出身国によって取得すべき書類は様々となりますが、これらの書類はすべて日本語に翻訳し、翻訳者の証明をする必要があります。

また、配偶者、子、父母、兄弟姉妹が日本人である場合には、日本の戸籍謄本も取得する必要があります。

住所を証する書面

帰化申請者の住民票謄本を取得し提出します。

同居人や配偶者、子が日本人である場合は、その方の住民票の写しも提出する必要があります。

宣誓書

日本の法律を遵守し善良な日本国民となることを宣誓する書面となります。

この書類は、帰化申請者本人が申請書類を提出する際に、担当官の前で署名押印(または拇印)を行います。

また、15歳未満の方は提出する必要はありません。

生計の概要書

同一世帯を単位として、申請の前月分の収入や支出を記載します。

また、不動産、貯蓄金等を有している場合や、高価な動産は、おおむね100万円程度以上のものを記載する必要があります。

事業の概要書

帰化申請者が個人事業又は会社経営をしている場合や会社の役員である場合に提出します。

どのような事業を行っているかや収益、主な取引先などを記載します。

在勤及び給与証明書

帰化申請者の勤務先や1か月分の給与、納税額等について証明するために、給与明細書や在勤証明書、源泉徴収票などを提出します。

納税証明書

納税を行っていることを証明するために、所得税や住民税の納税証明書を提出します。

帰化申請者が給与所得者であるか事業者であるかによって、提出する納税証明書は異なります。

その他の書類

その他にも、住所地や勤務先の地図、運転記録証明書、土地建物登記簿謄本確定申告書など、帰化申請者の状況によって、様々な書類を提出する必要があります。

また、申請者や同居人が法人の役員である場合や個人事業主である場合は、決算書や確定申告書、法人税・事業税・市民税の納税証明書など、会社員の方よりも提出する書類は多くなります。

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る