当事務所に依頼するメリット

別途費用は一切不要

ご提示している報酬額以外には、別途料金は一切いただきません。
交通費や書類の収集にかかる諸経費を全て含んでいます。

また、特別永住資格の韓国籍・朝鮮籍の方については、外国文書の取得・翻訳にかかる料金も込みの料金設定です。(別途料金一切なし)

許可保証制度

万が一、不許可となった場合には、報酬額を全額返金する許可保証制度となっていますので、安心してご依頼いただけます。

ですが、不許可の理由が、お客様の虚偽の報告や申請後の状況の変化(交通違反等)の場合には、ご返金できませんのでよろしくお願いいたします。

現在、ひかり行政書士法人での不許可事例は一件もありません。

平日夜間、土日曜日も対応

平日夜間や土・日曜日も、ご相談や打ち合わせに対応しています。

また、ご来所いただくのが難しい場合は、こちらからご自宅などにお伺いすることも可能です。

アフターサポート

許可後の無料アフターサポートを実施していますので、申請書類受付の状況変化や追加書類の提出も完全にサポートします。

また、その際の追加費用なども一切必要ありません。

申請までの期間の短縮

専門の行政書士が帰化申請に必要な書類の収集、作成を行いますので、ご自身で行われるよりも大幅に申請期間が短縮できます。

ご依頼から申請受理までの期間は、おおよそ1ヶ月~1ヵ月半程度となっていますが、複雑な案件の場合、それ以上となる場合もあります。

その1 明瞭な料金体系

ひかり行政書士法人では、事前のご相談等で料金が発生することはありません。

お客様から、当事務所への正式のご依頼をいただいた後、初めて当事務所の報酬が発生します。

また、ご提示しているサービス料金は、書類作成費用や公文書などの書類の収集費用などを全て含めた料金となっております。

さらに、いったん申請した後にも追加書類の提出を求められるケースがありますが、当事務所では追加の書類作成などがいくら発生したとしても、追加報酬などは一切いただいておりません。

審査が完了し、帰化の許可がおり、実際に日本国籍を取得されるまで、当初ご提示した報酬額によって帰化許可申請手続きのサポートを行います。

別ウィンドウで開きます。 ⇒ サービス・報酬額一覧

その2 申請の煩わしさから解放されます。

帰化申請手続きは、作成する書類や役所などで取得する書類などが、非常に多いため、色々な役所で書類を取得したり、それを元に申請書を作成したりと、大変な労力と時間を使って準備をする必要がある手続きとなっています。

また、帰化申請手続きは、本人での申請が原則ですので、許可が下りるまでの間、申請、面接、許可時の最低でも3回は、法務局へ必ず来庁する必要があります。

また、ご自身で申請を行う場合には、事前相談や申請書類の追加などを加えて、さらに何度も法務局へ行くこととなるかもしれません。

また、申請先である法務局は、平日しか営業していませんので、会社員の方や平日の昼間にどうしても時間が取れない方などは、なかなか申請することができません。

ですが、ひかり行政書士法人へ依頼される場合は、申請者本人に代わって書類の作成・収集を行い、各役所との折衝も行います。

法務局へ行く回数も最低の3回のみで完了します。

その3 返金保証システム

ひかり行政書士法人では、帰化申請のサポートサービスを正式依頼いただく前に、お客様との入念な打ち合わせを行います。

その結果、お客様のご事情や親族関係等から判断し、帰化申請が可能であると判断した場合のみにご依頼いただいております。

ですので、申請後に、万が一不許可となる様な場合は報酬額を全額ご返金いたします。

※これまでの申請で、当法人での帰化申請での不許可の事例はありません。

ただし、虚偽の申告や不利益な事実の隠蔽、交通事故での状況変化等によるお客様に責任のある不許可の場合を除きます。

ひかり行政書士法人では、お客様との信頼関係を構築した上でのサポートを心がけておりますので、よろしくお願いいたします。

帰化申請手続きについてのお問い合わせ

ひかり行政書士法人では、帰化申請についてのご相談や帰化申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

滋賀県内の帰化申請についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る